忍者ブログ

伏見コントラダンスコミュニティー

伏見コントラダンスコミュニティー

伏見コントラダンスコミュニティーのブログ
伏見コントラダンスコミュニティーのブログです。 コントラダンスの会の開催のお知らせ、 報告、その他雑記などを記します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

活動が終了したかに思われていた、「こだむら」ですが、
ちゃんと聴いて、ダンス音楽を研究してますよー。

久しぶりなので、こだむらの説明から。
こだむらとは、
contra dance music laboratoryの略です。
コントラダンスの音楽を研究するところです。
Music from the Contra Danceの音楽を聴いて、研究しています。

さて、コントラダンスでは、アイリッシュやオールドタイムというジャンルの音楽を主に使うようです。
日本人にとっては、アイリッシュやオールドタイムは耳馴染みが無いですよね。
と、思ってたら、
なんか知ってる
というのが、今日紹介する曲です。

contracast 37
↑にアクセスして、”23:15”からの曲を聴いてください。

なんとなく知っている曲でしょう。
前半は、「Frenchie's」という曲らしいです。
なんとなく聴いたことあるような、それは別の曲なような気がします。
後半は、「Habañera」ハバネラですね。
オペラの、カルメンの、
間違いなく聴いたことある曲です。

おそらくコントラダンス的には、変化球な曲やと思いますが、
この曲で踊ったら、なんだかいつもより華麗に踊れそうな気がします。
口に薔薇をくわえたくなりそう。

伏見コントラダンスバンドでも、コピーして再現したいですね。
すごく楽しそう。
ステージでも使えそう。
マンドリンの音も、かなり入ってるし、wishigrowもがんばらんとあかんかもね。

皆さんも、たっぷりコントラダンス音楽を聴いてくださいねー。

wishigrow

拍手[0回]

PR
つづき

どうも、こだむら筆頭研究生wishigrowです。
前回のこだむらエントリで、こだむら研究生になった方はいらっしゃいますか?
いかがでしたか?

Music from the Contra Dance
まず聴いてください。
ダンスミュージックなので、体を動かしながら聴いて下さい
肩を揺らしながら聴くことからはじめて、
のってきたら適当にステップを踏んでみましょう。

もし、ウォークマン的なもの、ポータブルMP3プレイヤー的なもを持っていたら、
是非ダウンロードして、ウォーキングしながら聴いてみてください。
最高です。

もし、お気に入りの演奏が見つかったら、
コメント欄に書き込んでください。
お願いします。


ここ数日間の研究により、
ちょっとだけ、理解できたことがあります。
Music from the Contra Danceに、
曲名と、バンド名と、ピックアップしたアルバム名が記載されいます。
そうすると、よく目にするバンド名があります。
「Swallowtail」というバンドです。
このグループのHPもあります。
http://swallowtail.com/
アゲハチョウの絵が最初に出てきますね。
そして、コントラダンスのためのバンドだと表明されています。

他のバンドのHPを見ても、
ダンスのためのバンドだ、コンサートのためのバンドじゃない」なんていう記載も見かけます。

なるほどー、
やはり本場には、コントラダンスのためのバンドってのがたーくさんある。
そして、場に尽くすというような、志も高い

伏見コントラダンスバンドは、まさにコントラダンスのためのバンドだが、
今は、音楽好きがまず集まった、というレベルだ。

次は、ダンスのためのバンドになることを目指し、
こういうバンドを目指すんだ、例えば「Swallowtail」を目指すんだ、とかっていう、
目標を設定するべきだなぁと、
こだむら研究生は思うのでした。

ゆくゆくは、日本初で、日本一のコントラダンスのためのバンドと言われ、
「Music from the Contra Dance」にも、演奏が取り上げられ、
本場アメリカへの進出を、夢見るのでした。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
伏見コントラダンスコミュニティー
マネージャー wishigrow
MAIL:contrafushimi@gmail.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

拍手[0回]

つづき

そうそう、カオス的躍動といえば、
伏見コントラダンスバンドのメンバー同士が、付き合いだした
という噂を聞いているぞ。
wishigrowはそのあたりのことは、無視する主義です。

さて、本題。
contra dance musicっといっても、
そういうジャンルの音楽は無いと思う。
要はコントラダンスの会で踊るときに使われる音楽のことでしょう。
アイリッシュを使ったり、カントリーを使ったりと色々みたいです。
極論を言えば、日本民謡に踊りやすいビートをつけて、
コントラダンスミュージックにしてもいいと思う。
(前、七夕の曲で踊ろうとして失敗したけど。)


何とまぁ、すばらしいことに、
contra dance musicのラジオ番組が、ポッドキャストで配信されています。
当然のことだが、アメリカ発。
デイビッドに教えてもらいました。
ITとはすごいこった。
Music from the Contra Dance←クリック!

とにかくこのポッドキャストを入り口として、研究を進めてまいります。
(サイト上でも聞けますが、iTunesで聞くのが便利です。)
コントラダンスミュージックのめくるめく世界に浸りましょう。
その時点であなたは、こだむら研究生です。

・・・つづく

★★★ お知らせ ★★★

2010/10/16(土)17:30~21:00 高野コントラダンス 高野カトリック教会にて

2010/10/23(土)14:00~17:00 伏見工業高等学校文化祭に呼ばれています。

2010/11/7(日)14:00~17:00 117伏見 ヒトハダ恋し あったか祭り 伏見青少年活動センターにて

2010/11/14(日) DANCE 4 ALL 京都芸術センターの近く

★★★ 以上 ★★★

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
伏見コントラダンスコミュニティー
マネージャー wishigrow
MAIL:contrafushimi@gmail.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

拍手[0回]

wishigrowが産休してる間に、
伏見コントラダンスコミュニティーに関係する人たちが、
いろいろな動きをしていて、
とても面白い。
カオス的な躍動です。

コーラーのゆきえ&デイビッドは
ちょこちょこえいご団をやり始めた。
ネーミングやら、理念やらがサイコーに素敵です。

117はご存知の通り、
エリカ・カトンヌとそよこバーバラが、
ビラ配りを中止にしながら、進めているようやし。

チャーリー・ナベタカ率いるブルーアイズは、
ぐるてんネットワークとの融合により、盛り上がっている。
117 ぐるてん ブルーアイズ


このカオス的躍動にwishigrowも乗っかって、
次の一手を(地味に)打ちます。

コントラダンスの音楽を探求する、
コントラダンス音楽研究所、
contra dance music laboratory
を立ち上げます(とりあえずひとりで)。

contra dance music laboratoryやから、
頭の文字をとっていって、
略して、「こだむら」かなぁ?

まず、前々から思ってたのは、
コントラダンスで使う音楽って、アイリッシュだけじゃない。
カントリーや、オールドタイム、ブルーグラスなど、ジャンルを問わないらしい。
それぞれの音楽に、ダンス向きの曲ってのがあるみたい。

でも、僕はまだまだ良くわからないので、
もっと知りたい、
もっとみんなに聴いて欲しい、
ゆくゆくは、演奏したい、
と思うのです。

まだまだ、僕の活動できる時間は減ったままなので、
このブログ上だけの存在になると思います。

・・・つづく

★★★ お知らせ ★★★

2010/10/16(土)17:30~21:00 高野コントラダンス 高野カトリック教会にて

2010/10/23(土)14:00~17:00 伏見工業高等学校文化祭に呼ばれています。

2010/11/7(日)14:00~17:00 117伏見 ヒトハダ恋し あったか祭り 伏見青少年活動センターにて

2010/11/14(日) DANCE 4 ALL 京都芸術センターの近く

★★★ 以上 ★★★

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
伏見コントラダンスコミュニティー
マネージャー wishigrow
MAIL:contrafushimi@gmail.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

拍手[0回]



忍者ブログ [PR]
お知らせ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
つぶやき
最新CM
[06/16 風の又三郎]
[06/15 風の又三郎]
[05/16 風の又三郎]
[01/03 tomoco.K]
[12/02 竹上耀介]
ブログ内検索
最新TB