忍者ブログ

伏見コントラダンスコミュニティー

伏見コントラダンスコミュニティー

伏見コントラダンスコミュニティーのブログ
伏見コントラダンスコミュニティーのブログです。 コントラダンスの会の開催のお知らせ、 報告、その他雑記などを記します。
[155] [154] [153] [152] [151] [150] [149] [148] [147] [146] [145]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/12/8 オレンジハウスにて「第1回伏見アイリッシュミュージック祭り」が行われた。

wishigrowは、完全に客として行ったので、
緊張することも、配慮することも無かったし、
店内の半数は知り合いやし、
ミュージシャン達は、かわるがわる演奏し、
飽きさせることなく聴けたし、
サイコーに楽しかった。
中心となって動いたブルーアイズのメンバーには敬意を表するところです。

詳しい内容は、ぐるてん&ブルーアイズのブログに今後続々と、
動画なり、記事なりがUPされると思います。


で、僕が思うことは、
まず、出会いやねー。
そして、ダンスや音楽にはその効果を加速させる力があるのかと思う。

このイベントは、チャーリーを先頭とするブルーアイズというバンドが主催したわけやけど、
このバンドは、コントラダンスで出合ったメンバーで結成された。
元々の出会いが無ければ、このイベントがあろうはずも無い。

当然のことながら、伏見コントラダンス自体も、出会いの結果であり、
ゆきえ&デイビッドとwishigrowが出合った経緯や、
シスマンとwishigrowが出合った経緯など、
それぞれに物語があり、
それが無ければ、伏見コントラダンスも、コントラダンスバンドも無かった。

出会いによって、伏見コントラダンスがあり、
さらに、伏見コントラダンスで、出会いがあり、
その出会いが、新しい何かをつくっていくのだと思う。
同じように、今回のアイリッシュミュージック祭りでも、
何か、出会いがあり、
何か、新しいものが生まれることを期待している。

出会いの連鎖が、人や社会を彩っていくんやろうね。


出会いってのは、無数にあるわけやけれども、
人と人の間には、やはり垣根のようなものがあって、
そう簡単には、人と人って上手くいかない。時間がかかる。
しかし、ダンスや音楽には、その垣根を取っ払う力があって、
なんかもう、一緒にやりたくてしょうがなくなるんちゃうの?

まっ、そういうことにしとこうぜー。
つーことで、コントラダンスの参加者を増やして、
人や社会を彩っていこうぜー、
って、結論にしたいと思います。

wishigrow

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
お知らせ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つぶやき
最新CM
[06/16 風の又三郎]
[06/15 風の又三郎]
[05/16 風の又三郎]
[01/03 tomoco.K]
[12/02 竹上耀介]
ブログ内検索
最新TB