忍者ブログ

伏見コントラダンスコミュニティー

伏見コントラダンスコミュニティー

伏見コントラダンスコミュニティーのブログ
伏見コントラダンスコミュニティーのブログです。 コントラダンスの会の開催のお知らせ、 報告、その他雑記などを記します。
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日、伏見コントラダンスコミュニティーマネージャーは、
伏見区まちづくり支援事業「選考委員会」に行き、
コントラダンスのプレゼンをしてまいりました。

この選考に通れば、活動費の2分の1、10万円を上限に助成があります。

プレゼン前の10分は、本当に緊張しました。
プレゼン後は、伝えたいことが伝わらなくて、
何だかむしゃくしゃしました。

僕は地域コミュニティーの衰退と、若い世代がまちづくりに参加しない現状を
問題視し、そこにコントラダンスをすることによって、
人が集まり交流が生まれ、まちの話題が活発になる。
また、ダンスには人が集まりにくいのが問題であるので、
コンサートと複合したイベントを開催するという計画をプレゼンしました。
コントランダンスが、理解しにくいだろうと思ったので、
僕が伝えたかったのは、その魅力についてです。

一方それを審査する、選考委員は、
この企画がどう賑わいをつくるのかという視点だったようで、
伝える側と、受け手で、ズレがあったようで、
プレゼンの終了後は、スッキリした感覚は得られませんでした。

選考委員の立場に立ったプレゼンを準備できなかったのが、
残念でした。

また、選考委員は、何をやっている人か知りませんが、
自分たちはまちの専門家だと、言わんばかりのコメントが多く、
僕も、伏見のまちづくりに関しては、
担い手の一人だと自負しているので、
俺のほうがよく知っているし、ネットワークもあると、
戦いたかったけど、そういう場ではないし、
感情を押し込めたのも、何だかスッキリしない理由だと思います。

そんなプレゼンでしたが、やっぱり通るといいなー。
でも、通らなくても、伏見区の枠組みから脱却して、
活動したらいいから、それでもまたいいねんけどね。

マネージャーより

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
お知らせ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
つぶやき
最新CM
[06/16 風の又三郎]
[06/15 風の又三郎]
[05/16 風の又三郎]
[01/03 tomoco.K]
[12/02 竹上耀介]
ブログ内検索
最新TB