忍者ブログ

伏見コントラダンスコミュニティー

伏見コントラダンスコミュニティー

伏見コントラダンスコミュニティーのブログ
伏見コントラダンスコミュニティーのブログです。 コントラダンスの会の開催のお知らせ、 報告、その他雑記などを記します。
[84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010/5/2 ヴィーガン・アースデイ・フェスティバルにみんなで行きました。

そのイベントって何?ってかたは、下記URLをご覧ください。
■■■

とにかく、この「ベジフェス」
出展してるブースが珍しくて、とても面白い。
祭りにつきものの、フランクフルトとか、カキ氷とか、わたがしとか、
全然無くて、ちょっと、非日常の世界に入れます。

そんな祭りが楽しいよってバンドのメンバーに言ったら、
みんな行きたいって事になって、
タイミングが合えば路上ライブをしようということになりました。

ひと通り、みんなで飲食ブースやら、ステージやらを楽しむと、
コーラーの、デイビット&ゆきえがやってきて、
コントラダンスやりたいなぁと提案があった。

コーラー、音楽、場所、すべての条件がそろっているので、
あとは、参加者だけいればいい。

僕が参加者を集めるので思いつくのは、
演奏をしていて、立ち止まってくれた人に、ダンスやってみませんか?と声をかける方法やけど、
デイビッドの方法はぜんぜん違って、
生演奏とともに、手をつないで蛇のように練り歩くという方法、
そして、無理やりに手をとり、蛇を長くしていく方法だった。

最初は、バイオリンだけの演奏がいけなかったのか、
最初の3人のままでずっと歩いているだけだったが、
もっと音が欲しいとの依頼により、
僕もマンドリンで参加。
すると、蛇が長くなった。
10人くらいに。

その場で、ダンス開始。
みんな楽しそうに踊っていた。

その後、場所を変えてもう一度、僕の参加者集め方式でダンスをやってみたが、
その時も10人くらいでした。

まぁ、人集めの方法には、課題があるにせよ、
その場にいる人たちでも、コントラダンスはできます。
良かったです。


個人的な感想としては、
コントラダンスに出会って、マンドリンを始めた僕の音は、
聴かせることは不向きやけど、
踊ってもらうためには、必要なんやなぁと実感。
音楽をやるにあたって、動機はさまざまやから、
踊ってもらう音楽を奏でたい人、
コントラダンスに出会って、音楽をはじめた人の成長が、
期待されるなぁと、感じました。

★★★ お知らせ ★★★

5/15(土)17:30~21:00 高野コントラダンス カトリック高野教会にて 

6/6(日)14:00~17:00 オトノリひろば(13)コープ桃山にて

★★★ 以上 ★★★

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
伏見コントラダンスコミュニティー
マネージャー wishigrow
MAIL:contrafushimi@gmail.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

拍手[0回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
お知らせ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
つぶやき
最新CM
[06/16 風の又三郎]
[06/15 風の又三郎]
[05/16 風の又三郎]
[01/03 tomoco.K]
[12/02 竹上耀介]
ブログ内検索
最新TB